ライフスタイル

iPhoneで自動タップ!ゲームの周回が超ラクになるスイッチコントロールとは?

iPhoneで自動タップができたら…と考えたことはありませんか?

スマホゲームでレベル上げや進化素材を集めるのに必要な周回作業

同じ戦闘を何十回、何百回も繰り返すこともあるため、面倒に感じている方も多いです。

近頃ではオート機能を搭載しているゲームも多いですが、ほとんどの場合、再戦は手作業でタップすることになります。

ナル
ナル
せっかくなら、再戦もオートにしたい!

タップを自動化してくれるツールもありますが、よく知らないアプリのインストールや、iPhoneを改造(いわゆる脱獄)はちょっと不安ですよね。

そこで本記事では、もっと手軽にゲームの周回を自動化する方法をお伝えします。

iPhoneのスイッチコントロールを利用してタップを自動化!

iOS10以降の機能「スイッチコントロール」を使えば、ゲームで自動周回が実現可能です。

食事をしているときや、お風呂に入っているときも、あなたの代わりにiPhone・iPadがゲームの画面をタップ!

僕はロマサガRSで自動タップによる周回をしていますが、モンストやFGO、ツムツムなどでスイッチコントロールを活用している方も多いです。
自動でタップ

ナル
ナル
初回の設定が少しだけ面倒ですが、くわしく解説するのでご安心ください。

ゲームの仕様により、対応できないこともあります。

又、オート周回をすることで運営に不正動作の扱いを受け、アカウントの停止(BAN)される可能性もあります。自己責任でお願いします。

自動タップを繰り返すと、スマホが発熱する場合もあります。

心配な方は、パソコンでロマサガRSを遊ぶ方法もあるのでお試しください。

スマホゲームをPCで起動!超便利に遊べるNoxPlayerとは?スマホゲームをPC(パソコン)で遊んでみたいと思ったことはありませんか?AndroidエミュレーターのNoxPlayerを使えば、スマホアプリをマウスやキーボードでプレイできるようになります!...
【Nox】プリコネRのリセマラを超高速化!たった5分で終了する方法とは?プリコネRを高速リセマラしたい…と思ったことはありませんか? 激レアのキャラクターや最強の武器が排出されるまで、何度も同じ作業を繰...

スポンサーリンク


スイッチコントロールでiPhoneを自動タップ化するメリット

iPhoneユーザーが自動タップをするのに、どうしてスイッチコントロールが最適なのか?

その理由についてお伝えします。

スイッチコントロールでiPhoneを自動タップするメリット①アプリのインストール不要

スイッチコントロールはiOS10以降に搭載された機能。

iPhone・iPadならすぐに利用することができます。
スイッチコントロール

ナル
ナル
数年以内に発売されたApple製品であれば問題ないはず。

不安な場合は、「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の画面で、利用中のiPhoneのiOSバージョンを確認してください。
iOSのバージョン確認
スイッチコントロールはAppleの提供する機能ですから、よく知らない不審なアプリをインストールするリスクもなければ、iPhoneを改造(脱獄)する必要も一切ありません。

それに、もちろん完全無料

ナル
ナル
もし遊んでいるゲームで上手く自動タップが設定できなかったとしても、損することはないですよね。

自動タップを設定するアプリを探している方も、まずはスイッチコントロールを試すのがおすすめです。
スポンサーリンク



スイッチコントロールでiPhoneを自動タップするメリット②5タップまで手順を記録

スイッチコントロールは5タップ以内で10秒までという制限はありますが、自動タップする位置を指定することが可能です。
5タップまで設定
後ほど紹介しますが、カスタムジェスチャ―という画面で自動タップさせたい場所をタップするだけで設定できます。

エクセルでいう「マクロの記録」みたいな機能ですね。

【エクセル】マクロの記録の使い方と初心者でもすぐにできる活用法毎日決まった手順で行うエクセルの作業を自動化したいと思ったことはありませんか? 「マクロの記録」機能を使えばプラグミラングの知識がまったくない初心者でも簡単にマクロを作成することが可能です!...

ゲームの再戦ボタンをタップするのはもちろん、5タップ以内の手順なら自動でスタミナを回復して再戦する設定もできます。

ナル
ナル
後述しますが、ロマサガRSではスタミナ回復を含む自動タップはできませんでした。

ゲームの仕様変更により、タップする位置がズレることもあるので注意は必要です。
スポンサーリンク



スイッチコントロールでiPhoneを自動タップするメリット③ショートカットで高速起動

iPhoneのアクセシビリティメニューには「ショートカット」という機能があります。
ショートカット
その都度iPhoneの設定を起動しなくても、ホームボタンをトリプルクリック(3回押す)するだけでアクセシビリティ機能のオンとオフが切り替えられる機能。

iPhone Ⅹ、Ⅺなど一部の機種の場合は電源ボタンを3回押します。

通常の手順でスイッチコントロールをオンにするには、「一般」→「アクセシビリティ」→「スイッチコントロール」内のオンオフボタンをタップ。
スイッチコントロールのオンオフ
ゲームをする度に設定画面を出して機能をオン・オフと切り替えるのは非常に面倒ですよね。

しかし、ショートカットにスイッチコントロールを登録しておくと、ゲームの画面を表示した状態でホーム画面をトリプルクリック(3回押す)だけで自動タップをスタートできます。

解除したいときも、同様にホームボタンをトリプルクリックだけです。
スポンサーリンク



iPhoneを自動タップさせてロマサガRSをオート周回

iPhoneのスイッチコントロールを利用して、ロマサガRSを自動周回できるようにしてみました。

戦闘開始したら全力オートを選択。

この状態で、iPhoneのホームボタンをトリプルクリック(3回押す)。
ホームボタンをトリプルクリック
画面上部に「スイッチコントロール」と表示されました。

事前に動作を設定してあるため、すぐに自動タップを開始できます。

ナル
ナル
スイッチコントロールを使う方法は、画面をタップするだけ。

1タップするごとに、登録済みの自動タップが1回実行。
自動タップを実行
僕の場合は、画面左下の印の位置を10秒間で5回タップするようにセットしています。

スイッチコントロールがオンになったら、画面のどこでも良いので連打!

ナル
ナル
ひたすらタップをしまくります。目安的には1~2分ですかね。

連打をやりすぎて困ることはありませんが、少なすぎると周回中に自動タップが止まってしまうことがあります。

タップ連打もラクにしたいという方は専用のツールもあるのでご紹介。

SMATCH スマッチ スマホ連打ツール ZASRD-02を利用すれば、快適にレベル上げや素材集めができます。

アンドロイド・iPhoneどちらも対応で、連打スピードは21段階の切り替えが可能。

戦闘が終わると、自動的に「再戦」ボタンをタップしてくれるため、スタミナがある限り周回することができます。

最適なタップ位置や手順はゲームごとに異なります。

最初は確認作業や検証をしながら微調整してください。

ナル
ナル
僕はスイッチコントロールのおかげで、ブログに集中できるようになりました。

iOS13以降のiPhoneを利用しているなら、ショートカットアプリを使うとさらに便利です。

【iPhone】ショートカットアプリの使い方とおすすめの活用事例とは?毎日のiPhoneの操作をもっとシンプルにするショートカットアプリ!使い方や具体的な活用事例を紹介。利用すればLINE・音楽・Wi-Fiの設定など生活を快適にすること間違いなしです。...

時間を効率的に使えるのは本当に素晴らしいです。
スポンサーリンク


スイッチコントロールでiPhoneを自動タップする方法

スイッチコントロールの設定方法と使い方について、具体的にお伝えします。

iPhoneで自動タップする方法と手順①スイッチの設定

iPhoneの「設定」アプリを起動します。
設定
アクセシビリティを選択。
アクセシビリティ
「身体および動作」の項目の中から「スイッチコントロール」をタップ。
スイッチコントロールを選択
スイッチとレシピをそれぞれ設定します。
スイッチとレシピ
スイッチをタップして、「新しいスイッチを追加」。
新しいスイッチを追加
ソースの選択は「外部」・「画面」・「カメラ」とありますが、「画面」を選択。

カメラをソースにすると、顔を左右に動かすことでiPhoneの操作ができるようになります。

画面を選択
フルスクリーンをタップ。
フルスクリーン
アクションは「システム」のタップを選択してください。
システムのタップ
スイッチの項目に「フルスクリーン」と「タップ」が表示されたらOK。
画面を戻ります。
画面を戻る
スポンサーリンク



iPhoneで自動タップする方法と手順②レシピの設定

次はレシピの設定をします。
レシピの設定
「新規レシピを作成」を選択。
新規レシピを作成
新しいレシピに任意の名前を付けてください。

自分が分かりやすい名前ならなんでも良いです。
任意の名前を入力
僕は「ロマサガRS(周回)」にしました。

入力を終えたら、続けて「スイッチを割り当てる」をタップ。

先ほど新しいスイッチとして作成した「フルスクリーン」が表示されているので選択。
フルスクリーンをタップ
たくさんのアクションが並んでいますが、カスタムジェスチャを選択。

これで5タップ&10秒以内で自由に操作を設定できます。
カスタムジェスチャ
新規ジェスチャの画面で「コントロールを非表示」にすると、タップの記録が開始。
コントロールを非表示
ロマサガRSの場合、再戦ボタンは画面左下の方にあります。
左下の再戦
スクショなどで、自動タップしたいゲームのボタン位置を確認しておきましょう。

手順が多い場合には、iPhoneの画面に水性ペンで印をつけるのもおすすめ。

ナル
ナル
僕は小さい付箋を貼って目印にしました。

ロマサガRSの場合、なにも考えずに「再戦」ボタンの位置を自動タップすると、戦闘中に全力オートから通常オートに設定が変更されて全滅してしまう恐れがあります。
位置がズレると通常オートになってしまう
「再戦」ボタンと「通常オート」ボタンの位置が微妙に被るんですよね。

通常オートに触れないギリギリのところに設定すればOK。

操作が終わったら、右上の保存をタップ。

失敗したときには、キャンセルして再度設定できます。
記録したら保存
新しいレシピのスイッチがフルスクリーン(カスタムジェスチャ)になっていれば大丈夫。

レシピの画面に戻ってください。
画面を戻る
レシピの中に「ロマサガRS(周回)」が登録されたのを確認して、レシピを起動。
レシピを起動
作成したレシピを選択します。
レシピを選択
スイッチコントロールの設定は以上で完了です。
レシピの設定完了
スポンサーリンク


iPhoneで自動タップする方法と手順③ショートカットの設定

iPhoneの「設定」アプリ→「アクセシビリティ」の中にある「ショートカット」をタップ。
ショートカットの設定
スイッチコントロールにチェックを入れます。

前述したように、iPhoneのホームボタンをトリプルクリック(3回押す)だけで簡単にスイッチコントロールの起動ができるようになります。
スイッチコントロールを選択
注意点をお伝えしておきます。

もう一度ホームボタンをトリプルクリックすればオフになるはず…ですが、実際にやってみるとスイッチコントロールが解除されないことがよくあります。

ナル
ナル
スイッチコントロールが止まらずに、勝手にLINEを開いてスタンプを押しそうになったときは焦りました…

いろいろ試してみたのですが、スイッチコントロールをオフにしたいときは一度iPhoneの電源ボタンを押して画面を暗くするのがおすすめ。

画面を付け直して、ホームボタンをトリプルクリック。

ナル
ナル
これでほぼ間違いなく、スイッチコントロールを終了することができます。

これからは時間を有効に使ってレベル上げや進化素材収集ができますね。

ぜひスイッチコントロールを活用してください!
スポンサーリンク



ロマサガRSでスタミナ回復の自動化を検証

オート周回をもっとラクに出来ないかと思い、スタミナ回復の自動化に挑みました。

結論を先に言うと、ロマサガRSではダメでした。

理由は、スタミナを回復して再戦ボタンを押すのに6タップ必要だったからです。

ナル
ナル
iPhoneのスイッチコントロールで設定できる自動タップは5タップが上限でしたね。

一応、解説しておきます。

まず1タップ目は「再戦」ボタンを押すために設定。
再戦
2つ目は「必要なスタミナが不足しています。回復しますか?」の画面で「はい」。
スタミナ不足
3タップ目は、ジュエルやスタミナ剤を「使用する」。
ジュエルを使用する
4タップ目で「回復させますか?」を「はい」。
回復します
5タップ目はスタミナ回復結果が表示されるのでOKをタップ。

※ここは「OK」ボタン以外の場所でも動作します。
回復結果の表示
6タップ目に「閉じる」。
閉じる
というわけで、残念ながら5タップ以内に収まりませんでした。

ロマサガRSはスタミナ回復をするのに手順が多すぎます。

ナル
ナル
スイッチコントロール対策で、ワザと手順を多くされているのでは…。

また仕様変更などがあったら、機会をみてチャレンジするつもりです。

上手く自動タップが動作したらご報告しますね!
スポンサーリンク


まとめ

本記事では、ロマサガRSを例として自動タップの方法をご紹介しました。

何度もお伝えしているように、スイッチコントロールはiPhone・iPadに備わっている標準機能です。

ナル
ナル
ゲームやアプリを自動化を気軽に試せます。

但し、ゲームによっては不正動作としてアカウント停止処分になることもあるので、自己責任でお願いします。
スポンサーリンク