仕事効率化

デスクトップにシャットダウンのショートカットアイコンを作成する方法(Windows10)

デスクトップにシャットダウンのショートカットアイコンがあったら…と思ったことはありませんか?

Windows10でシャットダウンをするには、「スタートメニュー」→「電源オプション」→「シャットダウン」と3クリックが必要です。
シャットダウンの手順
日頃パソコンをさわる人にとっては当たり前の操作ですよね。

しかし、滅多にパソコンを利用しないお年寄りや機械が苦手な方の場合、シャットダウンの仕方がわからなくなってしまうこともあるようです。

先日、親戚のおじさんが「パソコンの電源を切る方法が毎回わからなくなる」というので、デスクトップにシャットダウンのショートカットアイコンを作成してみました。

ナル
ナル
親戚のおじさんは大喜び。

そこで本記事では、備忘録も兼ねて、デスクトップにショートカットアイコンを作成する簡単な手順をお伝えします。

パソコンの操作に慣れている方でも、一度やったらやめられないほど便利!

エクセルを利用する方は、クイックアクセスツールバーを利用すると作業を超高速化できます。こちらもお試しください。

エクセルの超便利機能!クイックアクセスツールバーとは?エクセルの超便利な機能「クイックアクセスツールバー」を利用すれば、作業効率が格段に上がります。また、自分専用にカスタマイズすることも可能です。...

コマンドをコピー&貼り付けしてシャットダウンのショートカットアイコンを作成する

エクセルやワードのショートカットを作成するには、スタートに表示されるメニューをマウスでデスクトップへドラッグすればできますよね。

しかし、シャットダウンはその方法でショートカットを作ることができません。

ナル
ナル
そこでショートカットを新規作成してコマンドを入力するという方法を使います。

コマンドと言われると難しそうですが、今回はコマンドをコピー&貼り付けするだけでシャットダウンのショートカットを作成できるようにしてあります。

簡単なので是非チャレンジしてくださいね!
スポンサーリンク



デスクトップにシャットダウンのショートカットアイコンを作成

デスクトップ上で右クリック→新規作成→ショートカット
ショートカットの作成
ショートカットの作成ウィザードが表示されます。
ショートカットの作成ウィザード
項目の場所を入力してください(T):の欄に、下記のコマンドをコピーして貼り付けてください。

shutdown /s /t 0 /hybrid

「次へ」
ショートカットの名前
「このショートカットの名前を入力してください」と表示されます。

ショートカットアイコンの表示ですね。

ここではシャットダウンと入力しておきますが、お好きな名前にして問題ありません。

名前はあとから変更することもできます。

完了をクリックすると、デスクトップ上にシャットダウンのショートカットアイコンが作成されました。
シャットダウンのショートカット
ショートカットアイコンをダブルクリックするだけでWindows10のシャットダウンができます。

せっかくなので、ショートカットアイコンが一目で判別できるようにアイコンの表示を変更してみましょう。

シャットダウンショートカットを右クリック→プロパティ。
ショートカットのプロパティ
ショートカットタブのアイコンの変更をクリック。
アイコンの変更
アイコンがたくさん表示されるので、好きなものを選んでください。

ナル
ナル
あとから変更できます。

好きな画像を選ぶ
シャットダウンのプロパティの画面に戻ったら、最後にOKをクリックします。
確認をしてOK
完成です。
シャットダウンのアイコン画像が変更された
デスクトップに作成したシャットダウンのショートカットアイコンの表示が変更されました。

シャットダウンのように頻繁にする作業をショートカットとしてデスクトップに置いておくと、少しですが時短やストレス軽減にもなります。

注意点として、他の作業中に誤ってシャットダウンのショートカットアイコンをさわってしまうと当然Windows10が終了してしまいます。

ナル
ナル
結構やりがちなので気をつけて!

うっかり誤操作をしないためにも、アイコンは自分が分かりやすいものに変更しておきましょう。
スポンサーリンク


デスクトップにスリープのショートカットアイコンを作成

先ほどと同じ手順で、スリープのショートカットアイコンをデスクトップ上に作成することができます。

シャットダウンと異なるのはコマンドです。

スリープの場合は、「項目の場所を入力してください」の欄に下記コマンドを貼り付けしてください。

rundll32 PowrProf.dll,SetSuspendState

スリープのコマンド
ショートカットの名前は「スリープ」と入力。
スリープのショートカットアイコン
ショートカットアイコンの画像を変更しましょう。

スリープのショートカットを右クリック→プロパティからショートカットタブのアイコンの変更をクリック
スリープのアイコン画像を変更する
あとは好きなアイコン画像を選択するだけですが、このようにアイコン画像が1つしか表示されない場合があります。

その場合は、参照を押してみてください。

表示されたウインドウ右上の検索バーに「shell32」と入力します。
アイコン画像を検索する
検索で表示されたファイルをクリックすると、アイコン選択画面に画像がたくさん表示されるはずです。
シャットダウンとは別のアイコン画像を選ぶ
シャットダウンのショートカットアイコンにすると区別がつきにくいので、別の画像を選ぶようにしましょう。

スリープのショートカットアイコンの完成です。

デスクトップに再起動のショートカットアイコンを作成

シャットダウンやスリープに比べると利用頻度は少ないかもしれませんが、ついでにWindows10を再起動するショートカットアイコンも作成します。

デスクトップで右クリック→新規作成→ショートカット。

「項目の場所を入力してください」に下記のコマンドを入力します。

shutdown.exe -r -f -t 0

再起動のコマンド

ショートカットの名前は「再起動」。
名前は再起動
再起動のアイコンができました。

再起動のアイコン
スポンサーリンク



まとめ

毎日のちょっとした操作をより簡単にすることで時短効果もあります。

シャットダウンshutdown /s /t 0 /hybrid
スリープrundll32 PowerProf.dll,SetSuspendState
再起動shutdown.exe -r -f -t 0
ナル
ナル
どれも一度作成すると、手放せなくショートカットアイコンです。

また、ショートカットのアイコン画像をオリジナルのものにしたい場合には、ココナラで画像の作成依頼をすると面白いものができるかもしれません。

アイコン画像の作成依頼ができる「ココナラ」の出品者厳選20名!ブログやTwitterのアイコン画像を作成依頼できるココナラ!予算別に20名のおすすめ出品者さんを紹介しています。取引の流れもくわしく載せているので参考にしてください。...

スポンサーリンク